トピックス Topics

インプラントの歴史

インプラントの始まりとなる治療は、それはそれは昔からあったそうで、
その歴史は、実はとても長く、様々な素材が使われていたそうです。
でも、どれも長く使えるものではなかったそうです。

そして今、インプラントはチタン製が主流です。なぜチタンなのでしょうか(・・??

 

昔、スウェーデンにひとりの学者さんがいました。
血流の研究のため、うさぎの骨にチタン製の器具を埋め込んでいました。
時が経ち、研究が終わり、
うさぎの骨に埋め込んだ器具を取り出そうとしたところ、なぜだろう?取り出せません
なんと、チタンと骨がしっかり結合していたそうです!

このチタンの性質を何か利用できるのではないか(・・)!?
そこからこの現象についての研究が進められることになり、今に至るそうです。

まったくインプラントとは関係のない始まりだったんですね。
おもしろいですね!!
うさぎさんにも感謝です

インプラント体は、骨に埋め込む人工の歯の根っこなので、チタンの性質はとっても合うのですね!

また、チタンはたくさんの医療現場で幅広く使われている金属で、アレルギーが出にくいのも安心な点です

とはいえ、100%ではなく、ごく稀にチタンアレルギーがでることもあります。
不安がある場合は、皮膚科でのアレルギー検査をおすすめします。

うえだ歯科クリニック 三木

 

箕面市粟生間谷西1-1-6
072-734-7777

ページトップへ