トピックス Topics

マウスピース矯正インビザライン4

こんにちは!
スタッフの奥濱です。

 

マウスピース矯正(インビザライン)の近況報告です。
アライナーが浮いたりすることもなく、痛みもなく、とても順調に進んでいます^_^
痛みが全然ないので外食時以外は特に気をつかうこともなく、普通の毎日です^_^
現在は16枚目のアライナーです。
日々少しずつ歯は移動しているのですが、まだ見た目に大きな変化はありません。
ですので、今日は歯のお手入れについて書こうと思います。

 

 

マウスピース矯正では歯を移動させてスペースをつくり、歯を綺麗に並べていきます。
移動させている途中は歯と歯の間に隙間ができます。
私の場合、スペースが無い前歯の部分にスペースをつくる為、今奥歯を後ろへ下げている段階です。
今まさに奥歯の歯と歯の間が隙間だらけなのです。

 

 

食事をするとその隙間に必ず食べ物が詰まります。
隙間に詰まった食べ物は歯ブラシで磨くだけでは全くとれません。
そのままにしておくと虫歯や歯周病、口臭の原因となってしまいます。
私は歯間のお掃除に医院で販売しているフロアフロスを使用しています。

 

 

 

 

このフロスは384本もの繊維がふわっと広がり、歯肉を傷つけることなく、歯垢をしっかりと除去します。
とってもオススメのフロスです!

 

フロスは矯正している人だけが使用するものではありません。
私は矯正をする前からフロスを1日1回使用していました。
今は毎食後使用しています。
何故なら必ず、歯間にかなりの量の食べ物が詰まるからです(T-T)
でも、毎食後フロスを使用するようになり、よりいっそう歯茎の状態が良くなりました!!!
日本ではまだまだ習慣化されていませんが、本来は歯磨きと合わせて使用します。
何故なら歯磨きだけでは歯ブラシの毛が入りにくい歯間部、歯と歯茎の溝に歯垢が残ってしまうからです。
歯磨きだけではお口の中の歯垢は60%程しか取れません。
歯間部や歯と歯茎の溝をフロスでしっかり綺麗にすることにより、虫歯や歯周病、口臭を防ぐことが出来ます!

 

 

フロスを使用する事で歯間の汚れが綺麗に取れ、お口の中がとても清潔になり、虫歯や歯周病予防に繋がります!
歯磨きの後にはデンタルフロス!
ご自身のお口の中を清潔にしましょう!

 

 

 

 

 

箕面 小野原 粟生間谷  インビザライン 矯正歯科 invisalign

医療法人UDC うえだ歯科クリニック

 

ページトップへ