診療科目 Treatment

歯周病治療

「歯周病のセルフチェック」思い当たる症状をチェックしましょう!

  1. 朝起きたとき、口の中がネバネバする。
  2. ブラッシング時に出血する。
  3. 口臭が気になる。
  4. 歯肉がむずがゆい、痛い。
  5. 歯肉が赤く腫れている。(健康的な歯肉はピンク色で引き締まっています)
  6. かたい物が噛みにくい。
  7. 歯が長くなったような気がする。
  8. 前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた。食物が挟まる。

*上記の項目3つあてはまる:油断は禁物です。ご自分および歯医者さんで予防するように努めましょう。
*上記の項目6つあてはまる:歯周病が進行している可能性があります。
*上記の項目全てあてはまる:歯周病の症状がかなり進んでいます。

調査によれば、日本人の80%程度が歯周病になっていると言われています。

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性の生活習慣病です。
歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し(歯垢の蓄積)歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします(痛みはほとんどの場合ありません)。
そして、進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。

  • 歯周病治療①
  • 歯周病治療②
  • 歯周病治療③

歯周病は患者様のご自宅でのセルフケアと歯医者さんでのプロフェッショナルケアでコントロールして進行を予防できます。どんな些細なご心配事でも当院にご相談ください。

うえだ歯科クリニックでお受けいただける歯周病治療

•歯石除去(スケーリング、ルートプレーニング)
•PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)
•ブラッシング指導
•歯周外科手術(フラップ手術)
•再生療法
•SPT(Supportive Periodontal Therapy)
•メインテナンス

歯石除去に用いる器具の紹介

歯石除去に用いる器具の紹介①

•超音波スケーラー 超音波の振動を用いた専用器具で効率よく歯石を除去します。超音波振動は歯や歯茎に当たってもまったく痛くありません。

歯石除去に用いる器具の紹介①

•歯周ポケット内洗浄液 歯石除去後には専用の洗浄液で歯周ポケット内を洗浄いたします。とてもすっきりしていただけると評判です。

歯石除去に用いる器具の紹介①

まるで歯のエステ?PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)について

  • まるで歯のエステ?PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)について①
  • まるで歯のエステ?PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)について②
  • まるで歯のエステ?PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)について②

PMTCとは、専門家による、専門器具を用いた歯のクリーニングのことです。
PMTC専門のトレーニングを受けた歯科医師または、歯科衛生士が、普段の歯磨きでは落とせない、 歯の表面についた、歯垢(細菌の塊)やコーヒー・紅茶等の茶しぶといった沈着物などを綺麗に落とします。
歯の表面に、柔らかいゴムでできた専用機器(カップ)を回転させることで汚れを取り除くことができ、表面を平らにすることで、汚れがつきにくくなります。
プラークとは歯垢ともいい、食べかすや細菌からなる、食後などに歯の表面につくあのベタベタのことです。歯磨き出来なかったり磨き残しがあって、ついたままになってしまうと、虫歯や歯周病の原因となるばかりでなく、段々と硬くなり歯石となります。
着色・歯石の多い方は、それらを取ってからクリーニングを行うと効果的です。

POINT1 ■ 白くツルツルの歯に 歯ブラシでは落とせない、ヤニや茶シブ、が落とせます。
POINT2 ■ 虫歯になりやすい方に むし歯や歯周病の予防にもなり、審美歯科で治療した、セラミッククラウン、セラミックインレー、ラミネートベニア等の詰め物や被せものなどが長持ちします。
POINT3 ■ 定期的に 定期的なPMTC(プロフェッショナルクリーニング)で、白くて健康な歯を維持しましょう。

再生療法について

再生療法とは、歯周病などによって失われた骨や歯ぐきをできるだけもとの状態へ修復させる最新の治療法です。骨がなくなった部位に、新しく骨を誘導できるこの方法は、歯周病の画期的治療法として、近年注目を集めています。
うえだ歯科クリニックでは、不幸にして歯周病により歯を抜くことになってしまう場合、患者様に負担の大きいインプラント治療をするより、歯周組織、骨を再生させて天然歯を保存する方法を優先して患者様に提案しています。

  • 再生療法について①
  • 再生療法について②
  • 再生療法について④
  • 再生療法について⑤

ページトップへ