診療科目 Treatment

小児歯科

近年の小児歯科の流れって?

子どもの歯は大人の歯とまったく違います。将来のことも考えた治療を行っていかなければなりません。
歯医者さんはこれまで「治療のために行くところ」でしたが、現在では「予防のために行くところ」という認識に変わってきています。
歯が生え始めた頃からしっかり虫歯を予防することで、大人になってから虫歯のない、虫歯になりにくいお口の中が実現できます。

乳歯がむし歯になったら

いずれ生え変わってしまう乳歯ですが、むし歯になったらきちんと治療しましょう。
乳歯がむし歯になると後から生えてくる永久歯まで歯並びが悪くなったり、むし歯になったりします。

乳歯がむし歯になると

永久歯の歯並びが悪くなると、見た目も良くないばかりか、歯磨きがしにくくなって、むし歯や歯周病になりやすくなります。pedo

うえだ歯科クリニックの小児歯科での取り組み

フッ素塗布

フッ素塗布は歯を強くし、むし歯を予防する効果があります。
特に永久歯が生える時期の定期的なフッ素塗布は、生涯にわたってむし歯のリスクを軽減してくれます。
※フッ素塗布は、1歳程度からお受けいただけます。

  • ミュータンス菌が出す「酸」から歯を守ります。

    ミュータンス菌が出す「酸」から歯を守ります。

  • 歯周病の原因菌の数を減らします。

    歯周病の原因菌の数を減らします。

  • プラークがつきにくくなるので、

    口臭予防につながります。

  • フッ素塗布

    フッ素塗布

シーラント

6歳臼歯など、生えたての奥歯には複雑な溝があります。その溝は成長の過程ですり減って浅くなりますが、しばらくは汚れが溜まりやすい状態が続くので、むし歯の原因になります。そこで「フィッシャーシーラント」というフッ素を含んだ樹脂で溝を埋めて、事前にむし歯リスクを減らすことができます。

  • シーラント

    シーラント

  • シーラント

    シーラント

小児矯正

こどもの頃に矯正を始める事で、顎の成長を促したり、歯の生えるスペースを確保できることがあります。 成人の為の矯正では、足りないスペースを確保する為に健全な歯を抜歯するという場合がありますが、小児期より歯医者さんで将来を予測して診ていくことで、そのような抜歯を回避してきれいな歯並びをつくっていくことができます。

  • 小児矯正

    矯正装置

  • 小児矯正

    矯正装置

こどもの虫歯リスクチェック!

  1. 歯に色が変わっているところがある
  2. 冷たいものや甘いものを口にしたとき「歯が痛い」という
  3. 歯磨きにかける時間が少ない
  4. 1日3回の食後の歯磨きができていない
  5. おやつを1日に二回以上食べる
  6. 甘いもの(特にソフトキャンディやジュースなど)が大好き
  7. 食べかすがよく歯につまる
  8. 口臭がする
  9. 歯が痛むときしか歯医者さんに行かない
  10. ご両親やご家族にむし歯が多い方がいる

※一つでも当てはまる場合は、歯医者さんにご相談ください。歯を削ったり詰めたりの治療をするだけでなく、生活習慣の改善法をお聞きいただいたり、今後の留意点を覚えていただいたりすることで将来のトラブルを軽減できます

ページトップへ