診療科目 Treatment

顎関節症

顎関節症の三大症状

顎関節症の三大症状

放置していると、痛みが増してくるだけでなく食事や会話に支障をきたしたり、顎の筋肉のバランスが崩れることで全身のバランスにも悪影響を及ぼし、頭痛や肩こり、腰痛などを引き起こすことがあります。

顎関節症の原因には、歯ぎしり、食いしばり、ストレス、習癖、悪い噛み合わせ、など、様々なことが考えられます。まずはお困りの症状について詳しく伺い、悪影響を及ぼすようなお口の状態や普段の生活における習癖などがないか確認します。

顎関節症の主な治療法は

①鎮痛 ②開口訓練 ③噛み合わせのコントロールですが、
経過を見ていると何もしなくても治ることも多い為、それぞれの患者様に合わせて比較的多様な治療手順が生まれてくることになります。消炎鎮痛剤の使用、筋肉のマッサージ、お口を開けるトレーニング、マウスピースの使用など、これらを症状に合わせて組み合わせ、症状の軽減を図っていきます。
治療中の歯を放置していたり、歯並びが悪く噛み合わせが安定していなかったりする事が原因で顎関節症になっている場合は、矯正治療や修復治療などの歯の治療を行うこともあります。

  • マウスピース

    マウスピース

  • 鎮痛剤

    鎮痛剤

  • 開口訓練

    開口訓練

  • 矯正

    矯正

ページトップへ